捨てるということ















c0171206_841072.jpg









先日 14年前の映画(藍宇 LAN YU )(当時台湾・香港の映画の賞を総なめ)を観返してみたのですが

やはり 私の好きな映画のひとつで 今回 また観ても感動しました。

映画というのは 何度観ても 見逃していた所があって 再発見する事が 多分にあります。


今度 つくづく思ったのは 実に映画の運びと言うか 編集が良いなぁ~と感じた事でした。

歯切れが良くて 無駄が無いのです。

抽出したエキスだけのような場面で繋げて行くので 

その分 逆にインパクトが強くなっているように思われました。


台湾版のDVDの中に かなりのメーキングが入っていたので観てみると

本来の映画にはない撮影された場面が もの凄くあって 

1本の映画を作るのに こんなに捨てている場面が有るのかと言うのが判りました。



映画の終盤で 突然の事故で 恋人の死の知らせらしい電話を受け取る主人公が

メーキングでは 黙って電話を聞きながら歩くシーンが かなり長いこと撮られていたのですが

使われたのは うつむいて電話を聞いているだけの数秒間だけ

(ですが それだけで ただならぬ雰囲気は充分に汲み取れましたが・・)

つくづく 捨てると言うことが どんなことか考えさせられました。








映像も 1j枚1枚切り取った写真として観みても とても素敵で

こんな写真が撮れたらなぁ~ と  暫く 藍宇病が続きそうです。
[PR]

by summer-christmas | 2015-03-12 09:57 | Leica M3

<< 春を待つ森 パソコン依存症 >>