私の撮った素敵な人達 (Ⅷ)







夏休み番外編で過去10年間に私が撮った思い出深い方々の写真をアップしています。



















c0171206_13164338.jpg





線路際のアーケードの中にある小さな古本屋さんの店主です。

ある日 1冊の文庫本を買った折 どことなく版画家の棟方志功似の この方に出会いました。

それから この方を撮りたく 何度かカメラ持参で店に行ったりしたのですが

なかなか入れなくて・・ 店の前をウロウロするばかりでした。



ある日  ( もう 唾を掛けられても良い! 警察に突き出されても良いわ!)

と腹を括り 店に突入(笑)しました。

勿論 文庫本を買う振りをしましてね。

買い終わって恐る恐る (写真を撮らせて頂きたい)とお願いすると

「 俺 肖像権なんてねーから・・ いくらでも撮って良いよ! 」と

ユーモアたっぷりのお返事でした。



写真を撮れる事の嬉しさ以上に このざっくばらんで優しい人柄に触れた嬉しさで一杯でした。
[PR]

by summer-christmas | 2014-09-03 06:14 | Leica M3

<< 萩の花 私の撮った素敵な人達  (Ⅵ) >>