なぎさホテル















c0171206_17451864.jpg

( Film Solalis )






( なぎさホテル)と言う題名の本を一気に読んでしまった。

この本を書いた作者自身のことで 題名の(なぎさホテル)にふらりと立ち寄ってから

7年以上も其処に住み付き そして そこを出るまでの話だ。


仕事も上手くいかず 小さな娘二人ある家族とも離別して

故郷に帰るしかないと心に決めた旅の途中に このなぎさホテルに立ち寄ったのだ。

一人でビールを飲みながら海を見ていると 一人の上品で どことなく垢抜けた男が話かけてきた。

「 何処かこの辺りに安宿はないか?」と 作者がその男に聞くと

この後ろの建物もホテルですが・・どうですか?   と

古いが どことなく格式の在りそうな そのホテルの様子に 「いや 今は金が無い」と言うと

「いや お金なら何時でも良いのですよ」 



実は その男は そのホテルの支配人だった。



鞄一つの男を 信じる人も凄いが  

この信じさせてしまう その人にも きっと何かが有ったのだろうと思う。




逗子に在った 大正に出来た この古いホテルは平成元年に取り壊されてしまい

今は そこにファミリーレストランが出来 当時の面影は全く無くなってしまったそうだが

暖か日にでも 私も 行ってみようかしら・・
[PR]

by summer-christmas | 2013-12-09 18:42 | Leica M3

<< 窓からの眺め 銀座で >>