階段のある町








c0171206_534242.jpg




















c0171206_5343228.jpg














昨日は 午後から かなりの雨が降ったり止んだりで不穏なお天気。

出掛けるには涼しいかもしれないと 都写真美術館に 

鬼海弘雄の(東京ポートレイト展)を観に出かける。

聞きなれない言葉を話している カメラマンの様な外人のグループの一人が 

密かに ノーファインダーで 盛んにシャッターを切っていた。 

それでは ワタクシメもと  とても素敵な女性がいたので そっと一枚だけ撮らせてもらう。 

本日期待を掛けるのは これ一枚のみ。 ( 多分暗すぎてダメだろうと思うが )



ところで どのポートレイトの写真も  バックが同じ壁だったのは どうしてなのだろう?

出会ったその場ではなく 後日 同じ場所に来てもらって撮ったのだろうか? などと

つまらぬ事考える。




鬼海弘雄は ワタシの住む町と程近い町に お住みと知って

たしか  あの町の近辺をを撮ったことがあったなぁ~と

古い写真を ゴソゴソと引っ張り出してきました。



















 
[PR]

by summer-christmas | 2011-08-27 06:10 | Leica M3

<< 朝の光は もう秋 洋館 >>